オーガニック食堂 菜chure

大阪南船場のオーガニック食堂

菜チュレのこだわり
  紫外線(UV)を防ぐ栄養素。2018.05.22

こんにちは。
菜チュレのこだわりブログ、本日の担当は村田です。よろしくお願いいたします。

 

6月のカレンダーが見え始めてきて、だんだん暖かくなってきましたね。
これから夏に向かっていきますが、あれが気になり始める季節です。
お分かりですよね?

そうです!紫外線です。
毎日日焼け止めクリームを塗って、日傘を持って、ある意味女性にとっては大変な季節です笑
本日はそんな紫外線のお話をさせていただきます。

 

皆さんは紫外線(UV)がどのようなものかご存知ですか?

 

紫外線は波長によってA、B、Cの3つに分けられます。

 

①UVA…地表に届く紫外線のうち90%を占めるもの。コラーゲンなどの肌の繊維質の所まで届き、繊維を傷つけるため、シワやたるみを引き起こす、ガラスを通すため屋内でも注意が必要。

②UVB…赤く炎症を起こし、色素沈着を引き起こす。メラニンというシミ・そばかすの原因となる色素を作り出してしまう。

③UVC…細胞を傷つける力が強いですが、オゾン層で吸収されるため地表には届かないもの。

 

では、紫外線が実際にどのような健康問題を引き起こすのでしょうか?

 

その代表的なものが皮膚癌です。
紫外線によって細胞が傷つけられても、普通は直ちに修復されるのですが、長時間繰り返して紫外線にあたっていたり、加齢によって回復力が弱まっていたりすると、細胞の遺伝子が傷つけられ遺伝子異常を引き起こします。
そして癌化するような遺伝子異常が生じると皮膚癌を起こします。

 

「紫外線で癌を引き起こすなんて大袈裟」「そんなに気にするものでもない」そんなふうに思われている方もいるかもしれませんが、もっと身近な問題でいうと、免疫力が低下し風邪を引きやすくなる事があげられます。人間の皮膚には、ランゲルハンス細胞という細菌やウイルスを感知し病気を予防するシステムがあるのですが、紫外線はこのランゲルハンス細胞を傷つけてしまいます。その結果、免疫力が低下し風邪を引きやすくなるのです。

 

では紫外線予防には、どのような栄養素が効果的なのでしょうか?代表的なもの3つをご紹介します!

 

◯ビタミンC
シミ・そばかすの原因となるメラニンの生成を抑えるほか、コラーゲンの生成を助けるので、シワやたるみの予防に役立ちます。
★ビタミンCを多く含む食品…ピーマン・ブロッコリー・いちご・じゃがいも
(ビタミンCは水溶性で水に溶けやすく、熱に弱いので生で食べるのがおススメですが、じゃがいものビタミンCはデンプンで守られているので加熱しても壊れないのでおススメです♫)

 

◯ビタミンE
血行を良くして、肌の代謝を高める事でシミ・そばかすを予防します。さらに抗酸化作用があるので癌予防に効果的です。
★ビタミンEを多く含む食品…ナッツ類・ゴマ・アボカド

 

◯βカロテン
皮膚の粘膜を保護し紫外線から肌を守ります。皮膚を強くする事で、皮膚の免疫を高めます。
★βカロテンを多く含む食品…にんじん・ほうれん草などの緑黄色野菜

紫外線から体を守るために、しっかり食事をして健康でありましょう!

紫外線については私もよく知らない部分が多かったので、授業のない時間に少し図書室に行ってみました!普段はあまり本を読まないのですが、ネットより断然詳しく載っていますし、信用性がありますね笑

菜chure(ナチュレ)のブログを通して私もたくさん勉強する機会を与えていただいているなと思うと同時に、やりがいを感じています。皆様、本当にありがとうございます!

 

菜chure. (オーガニック食堂 菜チュレ・ナチュレ)
所在地: 〒541-0059 大阪府大阪市 中央区博労町4丁目7−5
電話: 06-6226-7626


 SHOP INFO

オーガニック食堂 chure

オーガニック食堂 菜chure

06-6226-7626

月〜金:11:30-15:00 (LO 14:00)
土:11:30-17:00 (LO 16:00)

定休日 日曜日

〒541-0059
大阪府大阪市中央区博労町4-7-5本町TSビル 1F
地下鉄御堂筋線心斎橋駅3番出口 徒歩5分
地下鉄御堂筋本町21番出口 徒歩5分

貸切のご予約も承っております。
お気軽にお問い合わせください。